カテゴリー別アーカイブ: 雑記:フィリピン経済

フィリピンへの投資は失敗しないか?発展が見込めまれるASEAN経済に、世界中の投資家が興味を持っています。中国の下降は予期されていたことですが、人口及び平均年齢、そして外貨獲得高や宗教までも考えると、残るのはフィリピンです。堅実な投資、円の損失を防ぎたいなら、フィリピン不動産への投資でインカム&キャピタル・ゲインを稼ぐのが最新の投資と考えます。

フィリピン不動産への投資の方法

フィリピン不動産への投資の方法

外国人、駐在員、OFWの方々へ

下記記事、東南アジアへの投資メディア、「investvine」から

________

この記事に書かれているNovotelSweetManila, および、CenturySpireの物件は、近年最もラグジャリーなデベロッパーであるセンチュリープロパティの物件ーというように紹介されています。
___

How To Invest In Philippine Property: A Guide For Foreigners, Expats And OFWs

by Investvine

Acquiring property in the Philippines, whether it’s a completed condominium or an off-plan unit, is fairly straightforward for foreigners and expats. You just need to know the basics.

CPGI-Article-3-Slider_header
フィリピン不動産投資の方法

First of all, foreigners are – in principle – allowed to buy and own property in the Philippines. They simply need to meet certain conditions, just like in any other investment-friendly country in the region.

Foreigners can buy properties covered by the Condominium Act, which asserts that foreigners can buy condominium units as long as the foreign interest in the entire project does not exceed 40% of the development. Property that is part of a subdivided townhouse community also qualifies under the Condominium Act.

Normally, a foreigner will deal with a property developer directly if he or she wants to purchase a new or off-plan unit or, in case of the resale of an existing property, with a reputable and licensed real estate agency. Both will assist in the buying process, which includes:

  • Preparing and providing all necessary documentation
  • Helping in signing a notarised and binding deed of sale
  • Paying the transfer tax and other fees to get tax clearance
  • Having a title deed issued at the deed registry office

Among the most sought-after new developments in Manila are currently the Novotel Suites Manila andCentury Spire, the latest luxury developments by Century Properties.

Foreign Land Ownership

That was the straightforward part of the story. Things can get more complicated if a foreigner wants to own the land a property is built on.

CPGI-Article-3-QuoteBy law, foreigners don’t have the right to acquire and own land in the Philippines. This right is mostly restricted to Filipino citizens only. The only exemptions are acquisitions before the 1935 Constitution, acquisition through hereditary succession (in case the foreigner is a legal or natural heir), and buying into specially dedicated projects under a special investor visa scheme.

Foreigners who are married to a Filipino citizen can acquire land through their spouse, which is a perfectly legitimate means to acquire Philippine real estate. All paperwork will be in the spouse’s name and must be paid through his or her funds. Naturally, such an arrangement requires a solid relationship between both parties.

Another way for a foreigner to buy land is for him or her to become a shareholder in a Filipino company that buys the land. Again, Philippine law states that a minimum of five shareholders are required and the Filipino shareholders must be at least 60%. But it’s a legitimate option.

One other viable solution to land ownership for a foreigner or a foreign corporation would be a long-term lease. People and entities are currently allowed to lease Philippine land for an initial 50-year period. After that, individual foreigners can continue leasing for another 25 years while foreign-owned, Philippine-incorporated companies can continue leasing for an unlimited period of time.

So in short, a foreigner or foreign company can lease land and then legally own the house purchased or built on the rented land. Should there be any changes in the law down the line (such as the previous Philippine government having considered 100% ownership of Philippine real estate land for foreigners), then arrangements can be made to fully own the land in the future. So far, new President Rodrigo Duterte has said that he will not allow a change in the constitutional limit on individual foreign land ownership, but he has proposed to extend foreign ownership of corporations from the current 40 per cent-limit to up to 70 per cent.

What Do OFWs/Former Filipino citizens Need To Know?

Overseas Filipino Workers (OFWs) and all other Filipinos abroad, as long as they have not renounced their citizenship, have the same ownership rights as domestic Filipinos. In fact, if you’re an OFW, it’s likely that you have invested or are considering investing your hard-earned money into Philippine real estate.

CPGI-Article-3-Filipiknow

Perhaps you’ve chosen a property during a recent visit, but need someone to complete the acquisition process? A trusted property agent can do this using a special power of attorney (SPA). This involves paperwork and extra fees for arranging contracts, income proofs, power of attorney and other documents consularised and approved, but it can save you a lot of precious time and travel expenses. Once all documents are in order, the property agent can even apply for a loan in your name.

If you’re a former Filipino who has given up your Filipino citizenship (“Balikbayan”), it is a bit more complicated although you still have more options than a foreigner. Purchase of land by a former natural-born Filipino citizen is subject to limitations. For example, you can only own up to 1,000 square meters of residential land or one hectare of agricultural or farm land.

For business purposes, 5,000 square meters of urban land or three hectares of rural land are permitted.

That said, former Filipino citizens have the option of re-applying for their original citizenship to regain full rights of possession of Philippine real estate property by becoming dual citizens. This can be a longer process but is still doable.

At the end of the day, investment in Philippine real estate comes with various limitations and entitlements, depending on your citizenship and/or partnerships recognised by Philippine law. Nevertheless, It is possible to invest and one should explore all options to take advantage of the current boom and opportunities in Philippine real estate.

Naturally, it’s not the boom in real estate alone that makes the Philippines a worthwhile investment destination. It’s the country’s strong macro-economic fundamentals including solid GDP growth, a stable currency and an advanced legal system, a widely English-speaking and hospitable population and, in addition, relatively low costs of living, a tropical climate and numerous options for recreational and leisure activities.

Read more on Why To Invest And Why To Live In The Philippines in our next piece of this series.

 

 

angel

フィリピンの永住権取得、移住中の女性。発展する経済と不動産投資に夢を持ち、現在不動産会社にて勤務中。FB友達申請・メッセージなどお待ちしています♪

あおぞら銀行もフィリピン進出

5/24のまにら新聞から

SMBCに続き、あおぞら銀行もフィリピンに進出。

今年に入って日本から多くの企業がフィリピンに進出してきているのを目の当たりにしています。
私が住んでいるコンドミニアム、3年前は日本人は4、5人だったのですが、昨年後半からいろんな企業が駐在するビジネスマンのために多くの部屋を借り上げています。

まだまだ、日本企業よりもアメリカやヨーロッパ企業の方が割合は多いですが、加速していくことは予想に難くないでしょう!

大手商業銀行バンコデオロ(BDO)は23日、あおぞら銀行(東京)と業務提携に向けた覚書(MOU)を締結した。BDOが日本の銀行と覚書を交わすのは9行目で、地方銀行以外では初めてとなる。あおぞら銀行は初の比国内銀行との提携。2行はフィリピンに進出する日系企業に対する情報提供や、マッチング先の企業の提案などで協力していく。 首都圏マカティ市のBDO本社で行われた調印式では、BDOのネスター・タン社長兼最高経営責任者(CEO)が「提携による投資拡大を期待している」とあいさつした。あおぞら銀行の馬場信輔社長兼CEOは比の経済成長に伴い、さらなる日系企業の進出が見込まれるとし、「両行の顧客の成功につながるような貢献をしたい」と述べた。

あおぞら銀行の海外銀行との業務提携はシンガポールやインドネシアなどに続き5カ国・地域となる。地域金融機関でもメガバンクでもない「セミメガバンク」の強みを生かし、比進出を考えている日系企業に情報提供など手厚いフォローを行う。将来的には比日の合弁会社設立や合併&買収(M&A)なども支援する方向という。

BDOはこれまでに常陽、十六、八十二、北都、荘内、阿波、千葉興業、第三各銀行と提携を結んだ。

angel

フィリピンの永住権取得、移住中の女性。発展する経済と不動産投資に夢を持ち、現在不動産会社にて勤務中。FB友達申請・メッセージなどお待ちしています♪

フィリピンの国内総生産(GDP)成長率。政府予測を上回る!

2016年第1四半期の国内総生産(GDP)成長率は政府予測を上回る6.9%

 

19日のフィリピン統計庁(PSA)発表によると、2016年第1四半期の国内総生産(GDP)成長率は、政府予測(6・0%)を上回る6・9%で、13年第2四半期の7・5%、同第3四半期の7・0%以来の高成長となった。前期比の伸び率(季節調整済み)は1・1%で、前期の2・1%からやや減速した。

国家経済開発庁(NEDA)によると、中国の6・7%、ベトナムの5・5%、インドネシアの4・9%、マレーシアの4・2%を上回る、域内最高の伸びを示した。NEDAのエスゲラ長官は「選挙関連の支出が増加するため第2四半期は堅調な成長が確実。政府通年目標の6・8〜7・8%は達成可能」との見方を示した。

 

東南アジア_地図

 

国民総所得(GNI)の成長率は、前年同期比3・5ポイント増の7・6%だった。

各部門の成長率は、エルニーニョ現象による日照りの影響で、農林水産がマイナス4・4%を記録。8・7%の鉱工業と7・9%のサービスが、農林水産の減速をカバーした。

支出面では外貨送金や物価抑制に支えられ、家計最終消費支出(HFCE)が、前年比0・9ポイント増の7・0%と堅調だった。政府最終消費支出(GFCE)も、前年の0・2%から9・9%へ大幅に伸びた。

ラシエルダ大統領報道官は「堅調な経済成長は現政権のマクロ政策が功を奏している証拠」と成果を強調するとともに、「成長を持続できるかどうかは次期政権にかかっている」と述べた。

部門別の詳細は以下の通り。

【農林水産】エルニーニョ現象による干ばつ被害で、主要品目のコメ(マイナス10%)、トウモロコシ(マイナス19%)、マンゴー(マイナス21%)が大きく落ち込んだ。

【鉱工業】鉱業が11・3%と2桁の伸びを示した。製造業8・1%、建設10・8%と堅調で、電気・ガス・水道も9・7%と伸びた。

【サービス】前年比2・6ポイント増を記録した不動産・ビジネス活動の9・0%を筆頭に、運輸・倉庫・通信5・4%、金融仲介9・1%と好調を維持した。(鈴木貫太郎)

 

http://www.manila-shimbun.com/category/economy/news223115.html

5月20日のまにら新聞から.

フィリピンへ投資している私としては、期待通り!予想通り!

 

 

 

angel

フィリピンの永住権取得、移住中の女性。発展する経済と不動産投資に夢を持ち、現在不動産会社にて勤務中。FB友達申請・メッセージなどお待ちしています♪

東南アジアで経済が発展しているのはフィリピン

今私はシンガポールに来ています。

マレーシアやシンガポールの不動産会社や投資家の方とお話していると、どの国のどこの都市に投資するのがいいか?という情報を逆に教えてもらうことも多いです。

特にシンガポールでは、「投資」は日常のトピック。

そこでも、フィリピン-Makatiへの不動産投資は興味がある人が多いです。

今日のCNNニュースも、それを言っていますね。

フィリピンがアジアで1番投資対象として展望が明るのは、何度もすでに言っていることでいまさらなのですが、オックスフォードビジネスチームが言っていることで、広く世界中に知られるようになってきています。

 

http://cnnphilippines.com/videos/2016/05/14/Oxford-Business-Group-PH-is-the-best-economy-in-SE-Asia.html

 

Oxford_Business_Group__PH_is_the_best_economy_in_SE_Asia_-_CNN_Philippines

What is the best performing economy is Southeast Asia? An international consultancy firm says it is the Philippines that’s why it no longer has to convince investors to put their money in the country. Now investors tell them, bring us there.

 

 

 

angel

フィリピンの永住権取得、移住中の女性。発展する経済と不動産投資に夢を持ち、現在不動産会社にて勤務中。FB友達申請・メッセージなどお待ちしています♪

シンガポールにて、フィリピン不動産投資セミナー 招待状付き

Novotel Fractionalへの投資イベント開催

株式のリターン以上に期待と安心。
毎年最低リターンが保証されていて、経営状態(ホテルブッキング率上昇)にて高利回りが期待できます。

インベストメントについての詳細をお伝えする食事付きのイベントです。

社長も同席するデベロッパー主催パーティです。

投資家の方、大幅割引も可能です。

 

日時:5月7日(土曜日)10:30 am〜

場所:MARRIOTTE HOTEL
320 Orchard Rd、238865

 

 

フィリピン不動産投資セミナーin シンガポール
フィリピン不動産投資セミナーin シンガポール 招待状

 

 

 

angel

フィリピンの永住権取得、移住中の女性。発展する経済と不動産投資に夢を持ち、現在不動産会社にて勤務中。FB友達申請・メッセージなどお待ちしています♪